読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

To become happy

別居して2年、横浜に引っ越して1年。母と、ふたりの息子たち。一歩一歩前進あるのみです。

野球チームの移籍問題(少年野球)

離婚への道

横浜市に越してきて1年以上たちますが

小学生の息子たちは

いまだに千葉県の野球チームに通い続けています

 

これは、横浜に引っ越すときに

転校はいいけど、チームは変えたくない

という、子供たちの願いを叶えたものだったのですが・・・

 

もう、横浜にも慣れお友達もでき

こちらに移籍して野球やりたい、となっています

 

自然なことですよね。

 

しかしこれがなかなか叶わない。

というのも

週末は別居中の夫の家に滞在して、野球をしていること

その夫が、チームのコーチもしていること

当然、子供たちの横浜移籍には賛成できるはずもなく

ものすごい妨害行為にあっていて

もう、子供も私も説得してもしても話し合い話し合いと言われ

疲れ果てています。

 

こうなったら強行しか手がない、と

子供の望むままに横浜のチームに体験に行かせていたら

なぜ何の相談もなく急に!!と激怒。

 

ずっと言い続けてきたのに、受け入れなかっただけなのに・・・

勝手な行動して、この騒ぎはお前の責任だ!!

自分の何が悪いのか、ちゃんと考えろ!!

とまで言い続けられ

もう死にたいくらい疲弊しています

 

子供がそうしたいと言っているのに

どうして応援してあげられないんだろう。

子供が勇気を出して、移籍したいとちゃんと夫に話せたのに

何をまだ話し合わないとならないんだろう。

 

いつまでもいつまでも、しつこくて悶え死にそう。

子供は、もうそっちには行きたくないと言っているのに

どうしてまた今週末も行かせないとならないの?

 

そんなこと、私にはできない・・・

でももう、守り切れない・・・

 

 

 

子供たちの反応

離婚への道

離婚について、子供たちに話しました。

弁護士さんにお願いしたことも。

 

別居して2年が経過していることと

やはり、あまりパパを好きではないこともあり

 

不安なことも別にないよ!という感じ(;・∀・)

 

信じてくれていると感じました。

 

あとは耐えて戦うのみ、です。

 

弁護士に交渉を依頼しました

離婚への道

自己紹介にも書いていますが

我が家は夫と別居して2年が経ちました。

その理由や経緯はまた別の機会に少しづつ・・・と思っていますが

 

なんせ一歩も進まない離婚への道。

なぜなら夫が離婚を全く受け入れず、その話を持ち掛けるとパニクってしまい

私を非難するばかりで、なぜこうなったかなんて全然頭にない。

 

もともと日本語が正しく使えない夫(日本人ですよw)。

普段の子供たちの行き来についてすら、マトモに連絡取れません。

 

少しでもLINEで話せばすぐわめきたてて質問攻め。

答えてください!答えてください!!と(´;ω;`)ウゥゥ

もう自分で話を進めるのは無理と判断し、弁護士依頼を決断しました。

 

法テラスに通い、三度目の正直で最後に出会えた弁護士さんは

事務的ですがきちんと話を聞いてくれ、横柄な感じも全く受けない方でしたので

その場でお願いし、今日事務所に契約に行ってきました。

 

今までの経緯や、夫の悪行の数々についての証拠品。

求める離婚条件などについて打ち合わせをし、いよいよ受任通知が夫に送られます。

 

その前に、今日中に、

依頼しましたということを夫にLINEしないとならない・・・

 

怖い(;_;)

 

きっとまたパニクって

「どういうことだよ!!」と狂ったように電話かけてくる(;_;)

 

そういうときの夫は本当に恐怖です。

出なくても、何十回も電話をかけてきます。

 

まず、着信拒否やコドモケータイの電源を切るなどして

クールダウンするまで待たねばなりません(;_;)

 

怖いですが、今夜LINEします。